アラスカ便り

aandptours.exblog.jp
ブログトップ

Homer ホーマー・ハクトウワシの町

b0135948_5311951.jpg

休みの週末を使ってホーマーとゆう、ハクトウワシで有名な町に足を運んでみました。
ハリバット(オヒョウ)釣りでも有名でもあります。
アンカレジからは車で6時間弱。
一日1本往復バスがでています。
バスで行き、アメリカの最もきれいな道路にいつもランクインする景色を見たかったのですが、
時間がないことと、前日にホーマー行きを決めたのでバスの予約が間に合わず今回は飛行機になりました。
飛行機では約40分。バスと比べるととてつもなく早いです。
なので自由時間がたっぷり。ホーマー満喫です。

そして今回の大の目的はやっぱりハクトウワシ

冬ここホーマーではイーグルレディと呼ばれる女性が餌付けを政府から許可されて続けていました。
(その方は今年の1月になくなってしまったのですが)
なので、ハクトウワシが冬になると集まります。
夏は餌となるサーモンが色々な川に上ってくるのでハクトウワシはバラバラになりがちと聞いていましたが、諦めが付かず夏場でのチャレンジをしてみました!

2日目、セルドビアとゆう対岸にある小さな町にも船に乗って行きました。
この町は湾の対岸にあるのですが、道路がないため船か飛行機しか移動手段がありません。
なので町の人口は300人程度。
こじんまりとした、ゆーくっりな時間が流れるところでした。
その船の中から見えたのが、ラッコとハクトウワシ!
でもやっぱりハクトウワシは木の上に止まっているだけで小さい。。
ホーマーに戻ってきてからも、ハクトウワシが冬に集まるスピットとゆう全長6kmほどある砂洲を歩き回ってみましたがハクトウワシは見つからず。。
やっぱり夏はダメなのか、と落胆していました。

そして最終日、飛行機の時間が遅かったのでまたスピットをぶらぶらすることに。
するときのうがウソだったかのようにハクトウワシがあちこちに。
そして親子までも!
子供のハクトウワシは頭が白くなく、全体的に灰色や茶色といった色をしています。
子供はうまく飛べないらしく海岸に降りてみたり、そんな姿を父と母親ワシは屋根の上から見ており、時折ピーーーーとゆう高い声を上げて合図していました。

運よく、私の頭の上を飛び去ってくれました。
翼を広げると2mにもなるハクトウワシはアメリカの国鳥らしく、美しい!この一言でした。

今回は釣りはできなかったのですが、帰ってくるボートを見ているとみんな大きなハリバットとシルバーサーモンを釣って帰ってきていました。
次回は釣りをしに来たいと思います。

魚の加工場の方によるとピーク時は、一日3000パウンド(約1500kg)の魚があがり加工されるそうです。
すごい!
たくさんの写真のほうは後日アップさせていただきます!!

写真の準備できました!!

b0135948_8202550.jpg

アンカレジから乗った32人乗りの小型飛行機。
b0135948_821171.jpg

セルドビアまでの船の中で見たエレファント島。ゾウみたい!

b0135948_8234469.jpg

釣り人が釣って戻ってきた、ハリバットとシルバーサーモン。
b0135948_824223.jpg

見所!ハクトウワシ!


ランキングに参加しています。応援ポチッとお願いします

SO
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by aandptours | 2009-08-07 18:00 | ツアー

アラスカから現地情報をお届けします。


by AandPTOURS