人気ブログランキング |

アラスカ便り

aandptours.exblog.jp
ブログトップ

アラスカ バックカントリーキャンプ(ハーディングでの)


こんにちは。AlaskaガイドのTacoです。

今日は、僕がもっとも頻繁に行くトレイルで、9月末にバックカントリーキャンプをしたときの写真をご紹介します。

バックカントリーとは、設置されたキャンプ場でもトレイルでも路肩でもない、原野へ入っていって行うキャンプのことで、アウトドアのメッカであるアラスカでは、大変人気のあるアクティビティです。

早速ですが写真のなかに、テント見つかりますか?

アラスカ バックカントリーキャンプ(ハーディングでの)_b0135948_06192851.jpg

こんな崖のところでも、ちゃんと場所を選べば安全快適に眠れます。

今回は行程のトレッキングを省いて、アラスカの山岳原野のキャンプにフォーカスしてお伝えします。


アラスカ バックカントリーキャンプ(ハーディングでの)_b0135948_06194198.png

こんな荷物を背負ってゆく苦行写真の数々は、見るに耐えないので。。。

(写真のバックパックの重量は25Kgです。ま、普通は1日か2日のキャンプであれば、こんな大荷物必要ありません。Tacoは余計なものをバンバン持って登ります。)

アラスカ バックカントリーキャンプ(ハーディングでの)_b0135948_06194367.jpg

さて、キャンプ地ですが、

「氷河のあるところ、水に困ることなし」とはぼくが勝手に作った箴言です。

氷河の溶けた水だけでなく、氷河があるところは必ず谷になっているので、そこかしこに水の流れがあるのです。

ですので、下から水を持って登る必要はありません。水ほど効率の悪い荷物はないんです。必須のものではあるんですけどね。なので、現場でフィルタレーション。

アラスカ バックカントリーキャンプ(ハーディングでの)_b0135948_06194522.jpg

さらに森林限界の800m付近では、ブルーベリーがたくさん。

アラスカ バックカントリーキャンプ(ハーディングでの)_b0135948_06194768.jpg

さらにさらに、アラスカでは、「ベリーのあるところ、クマあり」です。

ベリーが豊富にあるところには、クマがやってきます。

でも、ここのクマ、野性的マナーがきちんとしていて、けっして人に近づいてきません。

ここはかれこれ6年くらい通い続けている場所ですが、20回以上遭遇しているクマのすべてが、ゆっくり遠のいてゆきました。

しかし、もちろん危険リスクはあるので、自分からもなるべく近づかないよう細心の注意を払い、また、テントの中に匂いのするものは絶対入れないようにします。

アラスカ バックカントリーキャンプ(ハーディングでの)_b0135948_06195055.jpg

いつも晴れるわけではないですが、天気が良いと天国のように気持ちの良いところ。

気温も9月末では15℃くらいあり、きちんとした服装をしていれば、寒いと思うことすらありません。

         翌朝の、テントの窓からの風景を御覧ください!

アラスカ バックカントリーキャンプ(ハーディングでの)_b0135948_06195392.jpg

アラスカって、なんて素晴らしいところなんでしょう。と思う瞬間です。

アラスカ バックカントリーキャンプ(ハーディングでの)_b0135948_06195607.jpg

いかがだったでしょうか。

今日はアラスカのバックカントリーキャンプの一部をご紹介でした。そして付け加えますと、このご紹介は、バックカントリーキャンプ全行程の、ほんの一コマにすぎません。

ぜひ、アラスカへご旅行できるようになったら、バックカントリーキャンプ、計画してみてはいかがでしょうか。


by AandPTOURS | 2021-01-14 00:01 | ハイキング

アラスカから現地情報をお届けします。


by AandPTOURS