人気ブログランキング |

アラスカ便り

aandptours.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ツアー( 66 )

氷の博物館 

チェナ温泉のお楽しみは温泉だけではありません。

アイスミュージーアムもあります。

通年オープンのアイスミュージーアムは世界でもここだけとか(・・・?)
屋内は室温マイナス7℃(だったかな?)に保たれています。
そうしないと、せっかくのアイスミュージーアムが全てとけてしまいます。

氷の博物館 _b0135948_8414166.jpg


氷の博物館 _b0135948_84229.jpg


なんと、アイスミュージーアムは宿泊可能です。
氷でできたベッドにはカリブー(トナカイ)の毛皮が敷いてあります。

氷の博物館 _b0135948_8451013.jpg


氷でできたバーだってあるんですよ。

氷の博物館 _b0135948_8453937.jpg


ひとつひとつ手作りの氷のグラスで、
マティーニを飲むこともできます。

チェナ温泉に行ったら、
アイスミュージーアムにもぜひ行ってみてください。

YY

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・(カナダ)旅行へ
にほんブログ村
by aandptours | 2009-12-30 08:48 | ツアー
12月26日には、
日本からの直行便がアラスカ州フェアバンクスへ飛んできました。

冬のオーロラシーズンのスタートです。

日本からのお客さんを歓迎するかのように、
初日の夜からオーロラがみえましたよ003.gif

今回紹介するのはフェアバンクスから車で1時間半の『チェナ温泉』です。
もちろんチェナ温泉からもオーロラ鑑賞可能です。

アラスカの温泉 『チェナ温泉』_b0135948_65142.jpg


チェナ温泉には、
直径43メートルのアラスカサイズの露天風呂があります。

アラスカの温泉 『チェナ温泉』_b0135948_654956.jpg


硫黄の匂いもプンプンし、
本格的な温泉です。

日本の温泉とちょっと違うのは、
ちょっと深め(浅いとこで1メートルくらい、深いと1メートル20センチくらい)
こんな深いので座れません。

そのかわり泳げます066.gif

本格的に泳ぎたい人には、
屋内の温泉プールもありますので、
そちらでどうぞ。


YY

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・(カナダ)旅行へ
にほんブログ村


   
by aandptours | 2009-12-30 06:08 | ツアー

マタヌスカ氷河ちゃん。


9日前ではありますが・・

アンカレッジから車で2時間弱。
マタヌスカ氷河に遠足に行ってきました!

マタヌスカ氷河ちゃん。_b0135948_3505715.jpg


月曜日でしたが、 お仕事は ・ ・ ・ まぁ、いいでしょう。

して行けちゃう氷河ではアラスカいちなり。

玉木宏が出てたポカリスットのCM、氷河編で使われたのもここだし、ここ400年ぐらいは後退も前進もせず頑なに同じ位置でぺタァ~っとしているマタちゃん。
マタヌスカ氷河ちゃん。_b0135948_3524369.jpg


普通に泥ジャリ道と思っていたら・・

マタヌスカ氷河ちゃん。_b0135948_3545424.jpg


実は、氷河の上じゃったっっっ!
ちと、感動・・

クレバス心配性にかかったままでのハイキングでしたけど、クレバスを見て、またいでテンション↑↑
どぅえす。(SOさんの表情でご確認下さい)
マタヌスカ氷河ちゃん。_b0135948_434285.jpg
 

そいで、お尻の割れ目も発見。
マタヌスカ氷河ちゃん。_b0135948_443171.jpg


これが、マタヌスカ氷河です。

折り返し地点、氷河の水が流れて湖のようになっていました。
でも、自分が立っているのも氷の上で、くもりなお天気だったけど、なんか心がシーンとしてしまう、神秘的な場所でした。
マタヌスカ氷河ちゃん。_b0135948_464894.jpg


普通に歩いて、折り返してくるなら1時間かからないんじゃないでしょうか?

今回はアイゼン(靴の裏にトゲトゲが付いてる靴)を履かないで途中まで行きましたが、個人的には大満足です。(アイゼンがあったら、登って、登って、登る)

重ねて、サンダーバード滝でのハイキングもいいっすよ!
小さい滝ではありますが、せっかくなら氷河+滝で。

お弁当も忘れずに^^

*メモ*
オフィス(トイレ、ちょっとしたお土産やさん):書類にサインして→入場料として$15→ゲートオープン!→そこからまた少しガタガタ道を走って→いざ、ハイク!



応援ポチッとお願いしますにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
by aandptours | 2009-10-01 04:49 | ツアー
今回アリエスカに行った目的は

オクトーバーフェスト (ビール祭り)

ドイツのお祭りですが、
今ではアメリカはもちろん日本でもオクトーバーフェストが開催されてます。

ホテルからシャトルバスを利用して会場(スキー場のデイロッジ)へ移動。

会場の雰囲気はこんな感じ

アラスカ的高級リゾート地へ その2 _b0135948_4445862.jpg


アラスカ的高級リゾート地へ その2 _b0135948_4453260.jpg


バンドの演奏に合わせて、お客さんも踊ったりしてます。

アルコールのはいるイベントには、通常子どもは連れて行けないのですが、
ここは子どももOKでした。

子ども用の工作グッズやぬりえやクレヨンも用意されていました。

うちの息子たちも飽きずに遊んでくれたので、
私も思う存分飲めましたよ~
ドイツのビールが3種類ありました。

アラスカ的高級リゾート地へ その2 _b0135948_4495472.jpg


大きなビールジョッギはお持ち帰りできます。

アラスカ的高級リゾート地へ その2 _b0135948_4512869.jpg


食べ物はドイツ料理らしいものが数種類ありました。
これはポークです。
見た目はイマイチですが、ピリ辛で美味しかったですよ。
ビールと相性抜群!

3時間くらい会場にいて、
ホテルへ戻りました。

アラスカ的高級リゾート地へ その2 _b0135948_4562356.jpg


二次会はホテルのバーで(笑)

夜食にしてはボリューム満点のピザで乾杯・・・・・・

アリエスカ、楽しすぎです


応援ポチっとお願いしますにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
by aandptours | 2009-09-30 05:02 | ツアー
アンカレジから車で1時間弱のところにある『アリエスカリゾート』に行って来ました。

アリエスカまでは、
全米の眺めの素晴らしい道路トップ10入りした『スワードハイウェイ』をすすみます。


アラスカ的高級リゾート地へ その1_b0135948_4424415.jpg


この道路は何度走っても全然飽きません!
それどころか毎回癒されます。
本当に素晴らしい景色が続くんですよ~

景色を楽しんでいたらあっという間にアリエスカに到着!

アラスカ的高級リゾート地へ その1_b0135948_4532587.jpg

シャワーは可動式だし、スリッパやバスローブまで完備です。
さすがは高級ホテル。

アラスカ的高級リゾート地へ その1_b0135948_4535752.jpg

部屋からの眺め。
ガーデンビューです。

庭では結婚式を挙げているカップルがいました。

アラスカ的高級リゾート地へ その1_b0135948_4541427.jpg


山頂まで行くロープウェイがよくみえたので、
子供たちのテンションはあがります。

アラスカ的高級リゾート地へ その1_b0135948_511149.jpg


リゾートらしい雰囲気満点の屋内プールもあります。

水温がとてもぬるかったのがよかったです。
いつも入るまでに時間がかかってしまうので。

プールの一番奥にはジャグジーもあって、
山をみながらお湯につかって、極楽、極楽・・・・・・・

サウナもありました。
予想以上にリラックスしすぎて、
眠いです。

まだまだやることがいっぱいあるのに・・・・・


その2に続きます
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
by aandptours | 2009-09-29 05:16 | ツアー
フェアバンクスから車で1時間半ほどのところにあるチェナ温泉
お泊りもできるし、オーロラ鑑賞、温泉、アイスミュージーアムなどがある一大リゾート地です。

アラスカに温泉があった!_b0135948_510141.jpg


秋のチェナ温泉は黄葉の素晴らしいこと!

白樺、アスペンの黄葉で、山が黄金色になってます。

アラスカに温泉があった!_b0135948_5135327.jpg


敷地内をお散歩しているとムースに遭遇。

アラスカに温泉があった!_b0135948_5154794.jpg


こちらはアラスカサイズ直径43メートルの岩風呂です。
日本人用に熱めのお湯になってます。
深さが胸くらいまであるので、泳げますよ~

効用は、冷え性から心の傷までなんでも癒してくれるそうです。

岩風呂のほかに屋内の温泉プールやジャグジーもあります。


アラスカに温泉があった!_b0135948_5195980.jpg


アラスカに温泉があった!_b0135948_5202615.jpg


こちらは1年中オープンしているアイスミュージーアム(氷の博物館)です。
氷の彫刻はフェアバンクスで毎年開かれている氷の彫刻フェスティバルで優勝した方の作品です。

アイスバーでは、氷でできたグラスでマティーニを飲むこともできます。

館内は氷の彫刻が融けないように、
常にマイナスに保たれています。

でも入口で防寒具を貸してくれていたので、
寒くなかったです。

チェナ温泉おすすめです。
by aandptours | 2009-09-15 05:27 | ツアー

デナリ国立公園

アラスカで一番人気のある観光地『デナリ国立公園』へ行って来ました。

デナリ国立公園_b0135948_8215413.jpg


四国に山口県を足した広大な面積の公園内に走っている道路は、
たったの1本。
公園中央部のカンティシュナまで142キロの道路です。

そして砂利道です。

バスは砂埃をあげながらすすみます。

本日の目的地は入口から約100キロの地点『ストーニーヒル』
晴れているとここからマッキンリーの絶景が拝めます。

マッキンリー山は、北米最高峰の山で6194メートル。

夏は雲に隠れていることが多く、
頂上まで綺麗にみえる確立はたったの20%。

途中の写真スポット ポリクロームパスです。

デナリ国立公園_b0135948_828395.jpg


ツンドラの大地が広がります。

いよいよストーニーヒルへ到着です。

マッキンリー山
デナリ国立公園_b0135948_828273.jpg


何度もここに来たことがあるけど、
マッキンリー山を頂上までみたのは今回が初めてでした。

感動です。

ありがとう


にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村

応援ポチッとお願いします
by aandptours | 2009-09-09 15:19 | ツアー
Homer ホーマー・ハクトウワシの町_b0135948_5311951.jpg

休みの週末を使ってホーマーとゆう、ハクトウワシで有名な町に足を運んでみました。
ハリバット(オヒョウ)釣りでも有名でもあります。
アンカレジからは車で6時間弱。
一日1本往復バスがでています。
バスで行き、アメリカの最もきれいな道路にいつもランクインする景色を見たかったのですが、
時間がないことと、前日にホーマー行きを決めたのでバスの予約が間に合わず今回は飛行機になりました。
飛行機では約40分。バスと比べるととてつもなく早いです。
なので自由時間がたっぷり。ホーマー満喫です。

そして今回の大の目的はやっぱりハクトウワシ

冬ここホーマーではイーグルレディと呼ばれる女性が餌付けを政府から許可されて続けていました。
(その方は今年の1月になくなってしまったのですが)
なので、ハクトウワシが冬になると集まります。
夏は餌となるサーモンが色々な川に上ってくるのでハクトウワシはバラバラになりがちと聞いていましたが、諦めが付かず夏場でのチャレンジをしてみました!

2日目、セルドビアとゆう対岸にある小さな町にも船に乗って行きました。
この町は湾の対岸にあるのですが、道路がないため船か飛行機しか移動手段がありません。
なので町の人口は300人程度。
こじんまりとした、ゆーくっりな時間が流れるところでした。
その船の中から見えたのが、ラッコとハクトウワシ!
でもやっぱりハクトウワシは木の上に止まっているだけで小さい。。
ホーマーに戻ってきてからも、ハクトウワシが冬に集まるスピットとゆう全長6kmほどある砂洲を歩き回ってみましたがハクトウワシは見つからず。。
やっぱり夏はダメなのか、と落胆していました。

そして最終日、飛行機の時間が遅かったのでまたスピットをぶらぶらすることに。
するときのうがウソだったかのようにハクトウワシがあちこちに。
そして親子までも!
子供のハクトウワシは頭が白くなく、全体的に灰色や茶色といった色をしています。
子供はうまく飛べないらしく海岸に降りてみたり、そんな姿を父と母親ワシは屋根の上から見ており、時折ピーーーーとゆう高い声を上げて合図していました。

運よく、私の頭の上を飛び去ってくれました。
翼を広げると2mにもなるハクトウワシはアメリカの国鳥らしく、美しい!この一言でした。

今回は釣りはできなかったのですが、帰ってくるボートを見ているとみんな大きなハリバットとシルバーサーモンを釣って帰ってきていました。
次回は釣りをしに来たいと思います。

魚の加工場の方によるとピーク時は、一日3000パウンド(約1500kg)の魚があがり加工されるそうです。
すごい!
たくさんの写真のほうは後日アップさせていただきます!!

写真の準備できました!!

Homer ホーマー・ハクトウワシの町_b0135948_8202550.jpg

アンカレジから乗った32人乗りの小型飛行機。
Homer ホーマー・ハクトウワシの町_b0135948_821171.jpg

セルドビアまでの船の中で見たエレファント島。ゾウみたい!

Homer ホーマー・ハクトウワシの町_b0135948_8234469.jpg

釣り人が釣って戻ってきた、ハリバットとシルバーサーモン。
Homer ホーマー・ハクトウワシの町_b0135948_824223.jpg

見所!ハクトウワシ!


ランキングに参加しています。応援ポチッとお願いします

SO
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
by aandptours | 2009-08-07 18:00 | ツアー
最近、雨が多いアンカレジですがタルキートナまでマッキンリー飛行を楽しんできました。
タルキートナまでは車で2時間ちょっと、電車では3時間かかるとても小さな町です。
でも5月、6月のマッキンリー山登山シーズンには登山者で賑わいます。
故植村直己さんもここタルキートナから旅立ちました。
最後に泊まられたホテルもあり、写真が飾られてあります。

今回、フライトに連れて行ってくれたのはタルキートナエアタクシーさん。
植村さんをマッキンリーに送り、最後を見たダグさんの会社です。
電車の乗り継ぎもあり、1時間とゆうフライトでしたがすごく楽しめました!

下に広がるタイガ地帯。
途中、道路も何もないところに家がありました。
近くの湖に水上飛行機で飛んできて、誰もいない静かなバケーションを過ごすためのどなたかの家だそう。
そして飛行機はデナリ国立公園の中へ。
どんどんアラスカ山脈が近づいてきます。

山脈地帯に入ると、氷河が広がるホワイトブルーの世界。
氷河の水が溶けて見える、グレーシャーブルーのみずたまりもたくさんありました。
あいにくの天気でマッキンリーの頂上は雲の隙間から見えるだけでしたが、他の山や氷河だけでも大満足のフライトでした。
ですが、氷河の後退の跡が著しく心が痛みました。
だいぶ、氷河がなくなってきてしまっています。

最後に、電車で知り合ったおじ様に言われたことが納得できました。

McKinley Flight is one of the most beautiful things you can see in Alaska.
(マッキンリー飛行はアラスカで見ることができるものの中でも最高のもの。)

マッキンリーフライト in タルキートナ_b0135948_322615.jpg  マッキンリーフライト in タルキートナ_b0135948_324851.jpg



ランキングに参加しています。応援ポチッとお願いします

SO
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
by aandptours | 2009-08-07 03:04 | ツアー

お天気の良い週末に一獲千金を目指して
オールド・スワード・ハイウェイ沿いのアンカレジから
約30分程の所あるインディアン・バレー・マイニング(金鉱)で砂金堀に挑戦しました。

砂金堀というよりも土を渡されて、砂金堀用の皿に土を入れて、
砂金以外の石や、土をすくという感じです。

金は水よりも19倍程重いので砂金皿に残るとのこと。

不要な石や、土はどんどん水の中に落としていくのですが、
金がまぎれていそうで、
なかなか思い切って落とせません。

ゴールド・パンニング 砂金堀に挑戦_b0135948_1043533.jpg



やり方を教えてくれたのは、ここの金鉱のお嬢ちゃんで(右)小学生。
初めてゴールド・パンニングをしたのが9ヶ月の時だそうです。
「こないだお母さんと金を探す競争をしたら、私が10秒で見つけて勝ったわ~。」
とのこと。

皿の中の石を次々と、「これは、ヒスイ、これは水晶、これは
ナントカ・・・」と説明してくれました。私には全部ただの石にしか見えませんでした・・・

さて、金は・・・・
すこーしだけどありました!
他の石と混ざっていますが、金が↓みえますよね?

ゴールド・パンニング 砂金堀に挑戦_b0135948_1044124.jpg


向かいは綺麗な海と山、ガチョウがいたり、お花が咲いてのどかな雰囲気の所でした。


ゴールド・パンニング 砂金堀に挑戦_b0135948_10461429.jpg



@

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by AANDPTOURS | 2009-07-21 10:53 | ツアー

アラスカから現地情報をお届けします。


by AandPTOURS