人気ブログランキング |

アラスカ便り

aandptours.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ハロウイーン本番まであと1週間ちょっとです。

ハロウイーンはお菓子をもらいに行く子どもたちだけでなく、
家でお菓子を配る人も仮装をして子どもたちを脅かしたり(?)、
家のデコレーションで雰囲気を盛り上げてくれます。

かなり本格的な仮装のおかげで、
お菓子をもらいに行った子どもが泣き出してしまう007.gifなんてこともあるくらい。
大人も気合入ってますね~066.gif

家の外もにぎやかになってきましたよ。

まずはうちの左隣はこんな感じ

b0135948_3425571.jpg


明るいところでみると全然怖くないのですが、
暗がりで最初みたときは誰かいるのかと思ってぎょっとしました。
自分で作ったものだと思われます。
グッドアイデアですね!

そして右隣は、

b0135948_3435972.jpg


木に大きな黒蜘蛛がぶらさがってます。
見にくいけど、玄関のとこには骸骨もぶらさがってます。

こんな感じで、
うちの周りは町中がお化け屋敷みたいになってるんですよ。

もっとすごいデコレーションもありますが、
これは第三弾 (ハロウイーン本番編)で紹介しますので、

お楽しみに

YY
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
by aandptours | 2009-10-22 03:50 | 日常生活
アラスカにやってくる日本人観光客のみなさんが頭を悩ませるのは・・・・・

お土産です。


アラスカでしか手に入らない

アラスカならではのものをお探しです。

私も一緒になって探してみました。

おすすめのお土産は・・・・

サーモンの皮で作ったお財布

b0135948_4172931.jpg


パット見は、蛇皮みたいにもみえますが、
アラスカには蛇はいません!

今ではサーモンの皮で財布を作る人がいないらしく、
ここで売られている財布は非常に貴重なものだそうです。

そして縁起がよいと書いてあります。

アラスカならではのもので、
貴重でなおかつ縁起がいいだなんて、
欲しくなりませんか?

次のおすすめお土産は。
これまた貴重なものです。

キヴィート製品です。

b0135948_4232571.jpg


キヴィートとは、ジャコウウシ(北極圏にしか生息していない動物です)の毛糸で作られたものです。

ジャコウシの毛そのものに希少価値があります。

キヴィートはカシミヤの3倍暖かくて、8倍軽いそうです。

アラスカに来たらぜひ、
サーモンの皮の財布とキヴィート製品をご覧になってくださいね。

YY
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
by aandptours | 2009-10-21 04:26 | 食べ物&お店

もうすぐハロウイーン

毎年10月31日はハロウイーン

ハロウイーン当日は子どもたちは仮装して、
近所をtrick or treat 『お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ~』と言ってまわります。

近所の人たちは子どもたちにお菓子をくれます。

スーパーでは仮装グッズ売り場ができて、
子どもだけでなく大人用、そしてペット用まで売られてるんですよ。

b0135948_5222069.jpg


b0135948_5224125.jpg

これは大人用。
グロテスクで怖いものばかりです

b0135948_523218.jpg


テレビでみるキャラクターが子どもたちには人気です。

10月下旬ともなると外はかなり冷えます。
それにハロウイーンは夜、近所を歩いてまわりますから。

ジャケットを着てると、
せっかくの仮装がみえません。

今年のハロウイーンは暖かいといいなぁ・・・

って、アラスカでこれは無理なお願いかしら。


YY
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
by aandptours | 2009-10-14 05:29 | 日常生活

いくら丼

YK嬢が作ったいくらをおすそ分けしてもらいました。

我が家もいくら丼です071.gif

おいしいです。
アラスカに住んでてよかったと思う瞬間。

b0135948_4121436.jpg


自家製紫蘇も元気に成長中・・・

b0135948_4131482.jpg


YY
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
by aandptours | 2009-10-10 04:17 | 食べ物&お店
アラスカにも1年中南国気分で遊べるウォーターパークがあります。

アンカレジは夏でも日本の夏のように外でプールに入るほどではないので、
もちろん屋内です。

日本の東京サマーランドをコンパクトにした感じ。

スライダー(すべり台)、波のプール、流れるプール、小さい子ども用の遊び場などがあります。

b0135948_3522345.jpg


b0135948_353016.jpg


これからアラスカは長い冬に突入します。

外遊びもあまりできないで、
こういう施設があると助かります。

でも、ウォーターパークはあるけど、
アラスカには遊園地がありません。

誰かアラスカに屋内遊園地を作ってください!!!



にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
by aandptours | 2009-10-10 04:01 | 日常生活

いくら

この週末、釣りに行ってきました! アンカレッジから車で2時間弱、ウィッティアという町で氷河を見ながらのフィッシングです。
b0135948_4304358.jpg






左上、氷河です。










でも、もう釣りのシーズンも終わりで、ウィッティアの町には人が全くいないし、お店もクローズ。魚も見えないので、今日は無理かなぁと思っていたのですが、まだちゃんといました!!
シルバーサーモン3匹ゲットです019.gif
b0135948_4345412.jpg

メスのお腹には、卵がぎっしり詰まっています。
b0135948_4352962.jpg

いくらが大好物の私。アメリカの人たちは、いくらなんて食べないので、通常は釣ってさばくときに捨ててしまう(もったいな~い!!)のですが、これは持ち帰らないわけにはいきません。
2匹のサーモンから、あわせて1.2kgの生筋子がとれました。
そして家に帰って、いくら作りスタートです。
b0135948_4362178.jpg

まずは生筋子をばらさないといけません。
テニスラケットが一番いいよって言われましたが、そんなものはないし、、こりゃあ手で全部ばらさなきゃかなと思っていたら、釣りにご一緒していただいたY氏が手作りの網を貸してくださいました。
その網に生筋子を押し付けて、ばらしていきます。結構強くおしつけても、筋子の粒は割れないんですね。
そして、ばらしおわると、筋子がいくらとよばれるものになります。
それを何回か洗って、塩水にいれた後、水抜きし、そしてぷりっぷりに輝く、いくらの完成です072.gif
b0135948_437326.jpg

今日の晩御飯はいくら丼だ~い071.gif

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
by Aandptours | 2009-10-06 04:50 | 食べ物&お店

マタヌスカ氷河ちゃん。


9日前ではありますが・・

アンカレッジから車で2時間弱。
マタヌスカ氷河に遠足に行ってきました!

b0135948_3505715.jpg


月曜日でしたが、 お仕事は ・ ・ ・ まぁ、いいでしょう。

して行けちゃう氷河ではアラスカいちなり。

玉木宏が出てたポカリスットのCM、氷河編で使われたのもここだし、ここ400年ぐらいは後退も前進もせず頑なに同じ位置でぺタァ~っとしているマタちゃん。
b0135948_3524369.jpg


普通に泥ジャリ道と思っていたら・・

b0135948_3545424.jpg


実は、氷河の上じゃったっっっ!
ちと、感動・・

クレバス心配性にかかったままでのハイキングでしたけど、クレバスを見て、またいでテンション↑↑
どぅえす。(SOさんの表情でご確認下さい)
b0135948_434285.jpg
 

そいで、お尻の割れ目も発見。
b0135948_443171.jpg


これが、マタヌスカ氷河です。

折り返し地点、氷河の水が流れて湖のようになっていました。
でも、自分が立っているのも氷の上で、くもりなお天気だったけど、なんか心がシーンとしてしまう、神秘的な場所でした。
b0135948_464894.jpg


普通に歩いて、折り返してくるなら1時間かからないんじゃないでしょうか?

今回はアイゼン(靴の裏にトゲトゲが付いてる靴)を履かないで途中まで行きましたが、個人的には大満足です。(アイゼンがあったら、登って、登って、登る)

重ねて、サンダーバード滝でのハイキングもいいっすよ!
小さい滝ではありますが、せっかくなら氷河+滝で。

お弁当も忘れずに^^

*メモ*
オフィス(トイレ、ちょっとしたお土産やさん):書類にサインして→入場料として$15→ゲートオープン!→そこからまた少しガタガタ道を走って→いざ、ハイク!



応援ポチッとお願いしますにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
by aandptours | 2009-10-01 04:49 | ツアー

アラスカから現地情報をお届けします。


by AandPTOURS