人気ブログランキング |

アラスカ便り

aandptours.exblog.jp
ブログトップ

幻日(サンドッグ)

フェアバンクスは1週間近くずっと雪が降り続き、昨日やっと晴れ、今日はキレイな「幻日」が見られました110.png 大気中の氷の結晶に、太陽の光が当たり屈折して出来る現象。太陽と同じ高さの両側に、光の玉のようなものが出来ます。
幻日(サンドッグ)_b0135948_10582626.jpgこの写真を撮った時の足元に、不思議な足跡をみつけました。おそらく足跡は雪で押し固められ、その周りの雪は風で飛ばされてなくなり、足跡だけがこのように残ったのではないかと思います。普段見る雪の上の足跡とは逆(?)なので面白いですよね!110.png
幻日(サンドッグ)_b0135948_11094853.jpg
昨日からフェアバンクスは最高気温でもマイナス20℃までしか上がらず、この写真を撮った時は、マイナス23℃。今朝はマイナス31℃だったようです153.png まだ11月に入ったばかりですが、フェアバンクスらしい寒さになってきました!
幻日(サンドッグ)_b0135948_11084870.jpg
AK

# by AandPTOURS | 2020-11-03 11:25 | 自然
短い秋のアラスカを楽しめるお手軽なアウトドアと言えばハイキング!
という事で、今回はアンカレジより約 60km 北に位置するツインピークストレイルというところへ行ってきました。

ここはチュガッチ州立公園内にあるエクルートナ レイクの人気ハイキングスポットの 1 つです。

最近のアンカレジは朝晩の気温が 10℃以下、日中でも 14,5℃程度しかないので冬装備を整えての出発です!


TWIN  PEAKS TRAIL ハイキング_b0135948_05240339.jpg
朝 9 時過ぎ、まだ波の立っていない美しい湖面を一枚撮って、いざスタート!
今日の予報は曇り。雨降らないことを祈りながら歩き始めます。


TWIN  PEAKS TRAIL ハイキング_b0135948_05242780.jpg

すっかり秋の色に染まったトレイルを出発して 10 分、既に身体がポカポカしてきました。トレイル終点まで約4km、行きは登りとなります。

人気のトレイルなので、ソーシャルディスタンスを保つにはまだ人がまばらな午前中出発が断然おすすめと言えます。


途中、黄色く染まったまんまるい葉っぱの落ち葉道をゆっくり楽しんだり
TWIN  PEAKS TRAIL ハイキング_b0135948_05243915.jpg


向かいの山に現われてくれたドールシープ(野生ヒツジ)を眺めたり、(写真真ん中あたりの白い点がドールシープ)
TWIN  PEAKS TRAIL ハイキング_b0135948_05245317.jpg
頂上まで 2 時間半近くかけて登って行きます。


TWIN  PEAKS TRAIL ハイキング_b0135948_05250469.jpg
トレイル終点の印であるベンチを通り過ぎて、山肌を更に奥に登って行くと、黄葉に染まったエクルートナレイクの素晴らしい景色が見えてきました!

頂上の風は非常に強くて冷たかったですが、この景色を見られるのなら登った甲斐がありまし た。113.png

ちなみにアンカレジの飲料水はこの湖から供給されていて、長軸 11 ㎞、最大幅 1.6 ㎞、面積 1424.5ha(431 万坪)、東京ドームが約 303 個分すっぽり入る大きさです。

ミニ情報ですが、日本の最大の湖である琵琶湖は東京ドームが約 1434 個分入る大きさです。

INSTAGRAM でも、日々の情報発信中。チェックしてね113.png→  @ap_tours (https://www.instagram.com/ap_tours/)

# by AandPTOURS | 2020-10-29 00:01 | ハイキング

氷のどうくつ

タイトル:氷のどうくつ

こんにちは。AlaskaガイドのTacoです。

今日は、氷河の洞窟に潜入レポート!

※もし、みなさんがアラスカで氷の洞窟に入ってみたい、という場合はかならず専門ガイドと一緒に行くようにしてくださいね!

氷のどうくつ_b0135948_09190534.jpg


この氷の洞窟は、じつは氷河がある場所には、たくさんあります。

しかし、きちんと状況を把握しないと大変。崩落の危険があるのです。

たとえば、今年は下のイメージようにクローズしていて注意勧告をしている場合があります。

氷のどうくつ_b0135948_09193288.jpg

Image Courtesyby National Park Services

この赤い枠のところで、氷がよく崩落をしているため、この氷河には近づかないようにという意味なのです。

きちんと状況を把握というのは、難しいのですが、氷の洞窟を見つけた場合、

0. 事前情報

1. 上の氷の厚さ

2. 空洞の高さ

3. 山からの氷河の流れ

などなどをよく見る必要があります。

氷のどうくつ_b0135948_09200819.jpg

洞窟の周りの壁が厚く、中にはいったあと、薄くなっているところがないかをチェックします。

上の写真では、氷の青さがあるところは、太陽の光を通しているので、比較的薄くなっているところで、崩落がしやすいところですので、その下には長居しないようにします。

氷のどうくつ_b0135948_09203499.jpg

氷河は、あらゆるところに水の流れがあり、氷河の上、クレバス、氷の下にも流れています。細かく流れているところをみつけ、顔を近づけると、しずくの高音が反響し、とても耳ざわりがよく、この青の世界にあって、神秘的な気持ちにさせてくれます。

繰り返しになりますが、

※もし、みなさんがアラスカで氷の洞窟に入ってみたい、という場合はかならず専門ガイドと一緒に行くようにしてくださいね!

ここでの体験は、一生忘れられないものになるはず。


# by AandPTOURS | 2020-10-24 09:21 | 自然
フェアバンクスは、ここ2日雪が降り、町中が真っ白になりました。このまま春まで溶けず、根雪となるかな?110.pngそこそこ積もったので、郊外にあるオーロラ観測所 ”オーロラ・ハウス” の雪かきに行きました。雪が積もると面白くなるのが、見えない動物が、見えるようになるのです!!106.png 夏場は、足跡が残りにくいので動物の姿を見かけない限り、どんな動物が敷地内を行き来しているのかわかりませんが、冬場は雪が積もると足跡が残ってしまうので、姿は見えなくても、行き来している動物が見えてしまうのです!今日、オーロラ・ハウスに行ったら早速足跡がありました!113.png

黄色い矢印の足跡は、かんじきウサギ。緑の矢印の足跡は、おそらくアカギツネ。キツネは足跡が一直線になるのが特徴。ピンクの矢印は、私の車105.png アカギツネがかんじきウサギを追っていたのかもしれませんね。
雪の上の足跡 ~ アカギツネ、かんじきウサギ_b0135948_13332631.jpg
ウサギの足跡は、特徴的なのですぐにわかります。青い丸が前足、赤い丸が後ろ足ですが、前足を先について、後ろ足は左右一緒に後ろからぴょんと来ます。黒い矢印の方へ跳ねて行きました110.png
雪の上の足跡 ~ アカギツネ、かんじきウサギ_b0135948_13393184.jpg
こんな感じでぴょんと!後ろ足がとっても大きく、雪の上をあるく「かんじき」に似ているので、かんじきウサギと言います110.png
雪の上の足跡 ~ アカギツネ、かんじきウサギ_b0135948_14331446.jpg
足跡を見ながら、動物の姿を想像するのが楽しいです!113.png ちなみに、下記写真は数日前にオーロラ・ハウスの防犯カメラに捉えられてしまったアカギツネです105.png
雪の上の足跡 ~ アカギツネ、かんじきウサギ_b0135948_13481840.jpg
冬は夏と違った動物観察の楽しみ方があります。これからもっともっと雪が降るので、新しい雪で表面が一新されると、また新しい足跡を発見できます!アラスカの冬は、ただ寒く暗いだけではないですよ~!是非一緒に冬の動物観察をしましょう~!106.png
AK

# by AandPTOURS | 2020-10-21 15:04 | 動物
アラスカ州は、10/16より新型コロナウィルスにともなうアラスカへの渡航規制を更新しました。下記ご案内は、アラスカ旅行に関してお問い合わせをいただいたお客様へお渡ししているものですが、皆様の中でもアラスカ旅行をご検討されている方は、是非ご一読下さい。(※アラスカ住民への規制は異なります。)

アラスカはソーシャルディスタンス(1.8m)が取りやすところです!もともと、人が少ないので大都会のように意識しなくても、普段からソーシャルディスタンスになっています...105.png それでも人が集まりやすい空港、スーパー、レストランなどではちょっとだけ気を付けて下さいね。冬のオーロラ観測シーズンは、夏に比べて更に人口密度が低いです!マスクを持って是非いらして下さいね~110.png
アラスカ州 新型コロナウィルスにともなう入国規制(10/16更新)_b0135948_05532942.jpg
フェアバンクスは昨晩から、ずっと雪が降り続いています。雪かきが心配...117.png
AK




# by AandPTOURS | 2020-10-20 06:16 | ツアー

アラスカから現地情報をお届けします。


by AandPTOURS