人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アラスカ便り

aandptours.exblog.jp
ブログトップ

師走のヘラジカ


こんにちは。AlaskaガイドのTacoです。


今日はアラスカを代表する動物、ヘラジカの生き様をすこし見てみましょう。師走といえば、ひとが一年の中でもっとも忙しく動き回る季節なので、そう言いますよね。もしかしたら、いま仕事をしている中で、これを読んでくれている方も中にはいるかも知れません。

師走のヘラジカ_b0135948_08432988.jpg

生き様と言うと大げさですが、彼らは季節ごとの、気候や植物にあわせたリズム、というものをもってます。生物学的には、サーカディアンリズムといいますが、もちろんわれわれ人間も持っているもので、最近は、ヒトが本来持つ、このリズムを取り戻そうということを言う人が増えました。

ヘラジカはと言うと、12月の師走の季節、あることに追われています。それは、相手探しです。

師走のヘラジカ_b0135948_08400262.jpg


ヘラジカは、子供をかならず4月に産まなくてはなりません。それはなぜだかわかりますか?

では、もし8月に生んでしまったらどうなるでしょう。アラスカの8月は夏の終り、秋の始まりです。一年草の植物は枯れ、葉は緑から黄色になり落葉する季節です。そんなときに子を産んでしまったら、母親は、ミルクを子に与えるためのエネルギーを草木から得ることができません。

師走のヘラジカ_b0135948_08401832.jpg


ヘラジカが4月に子を産まなくてはならない理由は、植物が芽を出しそれが緑で新鮮であり続ける季節、食べてミルクを作り、それで子を養うためなのです。

話を戻しますと、そういう理由があるために、ヘラジカは2月ではなく、12月に妊娠して4月に子を産み落とす必要があるのです。

師走のヘラジカ_b0135948_08403419.jpg


そして、オスもメスも12月中に相手を見つけなくては、翌年春に子を授かることはできません。

師走のヘラジカ_b0135948_08404720.jpg


そんな木々のリズムに自分の生活を十分になじませているヘラジカは、森の住人と言えます。自らを満腹にさせてくれる木々に対して、おそらくヘラジカは、どこかに優しい感情をもっていることでしょう。

ぼくらも、いまよりもう少しだけ、自然と親しい生活を取り入れていきたいものですね。


# by AandPTOURS | 2020-12-01 08:44 | 動物

アイスフィッシング

今日は、Thanksgiving(感謝祭)の祝日でお休みだったため、すごく久しぶりにバーチ・レイクでアイスフィッシングをして来ました!これは、凍ったバーチ・レイクの上!(薄暗いですが、時間はまだ2:30pm。今日の日没は3:08pmでした。)
アイスフィッシング_b0135948_15580890.jpg氷に穴をあけ、小さなエビをつけた釣り糸をたらして、フィッシング開始!
アイスフィッシング_b0135948_15590546.jpg
フィッシュ・オン!これは、北極イワナ(Arctic Char)かな。
アイスフィッシング_b0135948_16024802.jpg
2匹目!3匹目!
アイスフィッシング_b0135948_16162782.jpg
アイスフィッシング_b0135948_16171045.jpg
アイスフィッシングに経験や技術は全く不要です!アラスカの冬の風物詩、アイスフィッシングの挑戦してみませんか?

アイスフィッシング_b0135948_16254591.jpgAK

# by AandPTOURS | 2020-11-27 16:32 | フィッシング

アラスカの鉱山

こんにちは。AlaskaガイドのTacoです。

今日は、僕がアラスカ大学の学生のころ、写真クラスの授業課題でレポートした、ケニコットという鉱山の街のお話です。写真はちなみに情緒を出すため、セピア仕上げにしましたが、クラスでも評判良かったです。

いや、この銅山入り口までのハイキングトレイル、富士山往復よりもきつかったです。

たぶん当時の人々は、入り口に野営キャンプを張って、週単位で働いてたんじゃないかな。毎日町と銅山を行き来するなんて、それは無理な話です。

アラスカの鉱山_b0135948_09503235.png

町のシンボルとなっている銅の精製施設

Kennecott の町はセント・エライアス国立公園の内に位置しています。

ゴールドラッシュより半世紀、1900年に2人の採掘者により、アラスカに良質な銅山があるという情報がニューヨークに伝わります。

Stephen Barch という若い採掘エンジニアによってその採掘権は買われ、いまは超有名なJ.P.Morgan JPモルガン)などの巨大な会社の協力のもと、即座にインフラが整えられ、採掘は開始されました。その銅を精製する場所として誕生したのがこの町ケニコットです。

しかし、鉱脈を早い段階で取り尽くし、1938年秋には閉山。最後の銅を積んだ列車が去り、町はゴーストタウンとなっています。

アラスカの鉱山_b0135948_09512391.png

ケニコットの町の位置

アラスカの鉱山_b0135948_09514913.png


澄んだきれいな小川沿いに、廃墟が立ち並ぶ



アラスカの鉱山_b0135948_09521966.png

鉱山の入り口

掘り出された銅の原石は、ここから下の町まで運ばれます。

アラスカの鉱山_b0135948_09523113.png

原石輸送のための滑車

アラスカの鉱山_b0135948_09523976.png

当時使用されたものが、誰も管理すること無く、そのまま置かれている。

アラスカの鉱山_b0135948_09524465.png

採掘場への入り口

いまは完全に閉鎖されており、入ってゆくことができない。

腰をかがめなければ歩けないほど天井は低く、当時の人達の苦労が伺われます。

アラスカの鉱山_b0135948_09524812.png

精製所

ここで掘り出された銅の原石を精製する。

アラスカの鉱山_b0135948_09525233.png

ジブリ映画ラピュタのシーンに出てきそうな、傾いた木製の鉄道橋

このような銅山や鉛、金山、炭鉱など、アラスカには天然資源を採掘していた箇所が山ほどあり、ここはその一つに過ぎません。いまでも採掘している場所は多く残っていますが、飛行機で移動できるようになったため、採掘現場の隣に街を作るということはなくなりました。

アラスカの短い歴史を通してみると、人々はアラスカの自然から多くの恵みを得ていて、それで豊かになっていることがよく分かるのです。


# by AandPTOURS | 2020-11-26 00:01 | アラスカの産業

樹氷

フェアバンクスは最近、毎日のように雪で、なかなか天気が安定せず。。。今日も雪かきをしに弊社オーロラ観測ロッジ”オーロラハウス”のある山の上に行ったら、青空が広がり、樹氷がキレイでした!113.png
樹氷_b0135948_10121452.jpg樹氷_b0135948_10123124.jpg樹氷_b0135948_10124530.jpg
樹氷_b0135948_10125339.jpg
この時の気温はマイナス18℃。天気予報によると来週1週間は、最高気温でもマイナス20℃を下回るようで、寒くなりそうです153.png
AK

# by AandPTOURS | 2020-11-16 10:27 | 自然


LAKE TROUT 釣りに行ってきた~!_b0135948_06002031.jpg

先日、アンカレッジから車で3時間くらいのグレンアレン近くの

ルイース湖(Lake Louise)に釣りに行ってきました~。


LAKE TROUT 釣りに行ってきた~!_b0135948_06003211.jpg

Lake Louise Lodgeに一泊。

食事も、湖の見える雰囲気抜群のレストランで食べるから、おいしい食事がさらにおいしくなる。

ワインだって飲んじゃいます。126.png


LAKE TROUT 釣りに行ってきた~!_b0135948_06004591.jpg

ロッジの中はアラスカンな雰囲気でいっぱい! 


LAKE TROUT 釣りに行ってきた~!_b0135948_06010011.jpg
翌朝 ご飯を食べたら出発!

LAKE TROUT 釣りに行ってきた~!_b0135948_06112246.jpg

湖の大きさは約68㎢。
風もなく、朝陽が湖に映る中、ボートは滑るように走ります。
LAKE TROUT 釣りに行ってきた~!_b0135948_06113233.jpg

LAKE TROUT 釣りに行ってきた~!_b0135948_06114501.jpg



ポイントに到着したらさっそく釣り開始!

LAKE TROUT 釣りに行ってきた~!_b0135948_06120505.jpg



あっ!何か手ごたえが!!!!!!


LAKE TROUT 釣りに行ってきた~!_b0135948_06133641.jpg

お、、、、重い―――――――!!!!145.png145.png


LAKE TROUT 釣りに行ってきた~!_b0135948_06135290.jpg


若干 へっぴり腰になりながら釣りあげたお魚がこちら!!!




でっかーーい!!!

LAKE TROUT 釣りに行ってきた~!_b0135948_06141194.jpg

このお魚はLake Troutと言って日本ではイワナの一種。

もちろん食べても美味しいけれど、私たちはキャッチ&リリース。



イクトラウトはどうやら2種類あるらしく、プランクトンを食べるものと、小魚を食べるもの。

これは小魚を食べるものみたい。お口にお魚をくわえたまま、疑似餌をパクンとして釣られました。 


ひょえー!

どうやって両方咥えたの?????

LAKE TROUT 釣りに行ってきた~!_b0135948_06142686.jpg


この日は39インチくらいのお魚を二人で20匹以上釣り上げた。大きかったお魚の重さは25キロくらいかな。 

翌日はもちろん筋肉痛です。106.png106.png106.png

全部、キャッチ&リリース。 お魚を傷めないために、ある程度釣ったらおしまい。

LAKE TROUT 釣りに行ってきた~!_b0135948_06143901.jpg

 

冬は湖が凍るので、スノーマシーンで走ることもできる。

また、冬に来てみよーっと!157.png











# by AandPTOURS | 2020-11-12 00:01 | フィッシング

アラスカから現地情報をお届けします。


by AandPTOURS