人気ブログランキング |

アラスカ便り

aandptours.exblog.jp
ブログトップ

アラスカの林業

こんにちは。AlaskaガイドのTacoです。

先日南東アラスカにでかけた際に立ち寄った、カフェのおばちゃんに写真を紹介してもらいました。なんでも、そこのおばちゃんの旦那さんは、アラスカの製材会社で働いて家族を養ってきたそうです。

アラスカの林業_b0135948_01151478.png

1960年代は、アラスカ林業のブームです。日本の戦後復興のためにも多くの木材がアラスカから輸出されました。

いま、写真のような大木は、どこを歩いても見つかりません。残念ながら…。

ちなみに、写真右上のたくましい男性が、カフェのおばちゃんのおっちゃん。

アラスカの林業_b0135948_01151341.png
アラスカの林業_b0135948_01151336.png

切り出された木材は海に浮かべて集積され、運ばれます。


アラスカの林業_b0135948_01151342.png

カフェに立ち寄ったあと、町の製材会社をたずねたときに見た木材。 

あまりにも木々が細すぎて、なんだか複雑な気分になりました。


しかし、現在は二次林の木々を大きく育て、それから間伐をする、という、ゆっくりの伐採サイクルに方向転換をしています。そういった森の管理が、毎年更新されるTLMP(トンガス国有林ランドマネジメントプラン)で公開され、環境と両立した産業のあり方を推し進めているのです。


どこでもいまは、サステイナブル!なのですね。でもこれは、人の生き方についての重要なコンセプトなのです。

今日は、ちょっとした「アラスカの裏がわ」の内容でした。


タグ:
# by AandPTOURS | 2020-03-15 16:25 | アラスカの産業

3月9日のオーロラ

こんにちは。AlaskaガイドのTacoです。

流れる季節の真ん中で〜♪(レミオロメン)

卒業シーズンですね〜。


さてさて、今日は、9年前の、39日に強く出たときのオーロラの話です。

写真を見てみてください。

これ、たった一日で様々に表情を変えて、一晩中、ずっと夜空に舞っていました。

星の光だけの夜空に22時頃オーロラが出始めます。


北の方向では肉眼では確認できないくらい薄い赤色のオーロラも、写真を撮ってみると出ているのがわかります。

少し時間をあけて、東の方では踊るように何本もの筋が発達。自然現象の中でも希有の、とても神秘的な現象です。何度見ても、見飽きるということがないですね。


3月9日のオーロラ_b0135948_01095744.png

そして、この3月9日は、あの2011年の3月です。この翌日、日本時間で3月11日に大きな地震が起こりました。

3月9日のオーロラ_b0135948_01095788.png

オーロラの発生は地震の発生と相関があると主張する人もいますが…その真相は、いまだ解明されていません。


タグ:
# by AandPTOURS | 2020-03-09 16:32 | オーロラ & 星

昨晩(3/6)のオーロラ

人工衛星ACEのデータを見る限り、アラスカ時間の3月6日22:00〜2:00は、前夜と同じ23時30分頃だけが、オーロラが発生しやすい磁場状態となっていたことが伺える。夕方をすぎたあたりからフェアバンクスは全体的に雲が発生し、今日は無理かな、と皆で言い合っていたが、ちょうどオーロラが強いときだけ雲が切れて、見ることができた。

いま来ているお客さんは大変ラッキーな方々である

昨晩(3/6)のオーロラ_b0135948_06042372.jpg
110.png


# by AandPTOURS | 2020-03-08 06:05 | オーロラ & 星

快晴であったにもかかわらず、23時20分ごろまで全く音沙汰なし。

しかし、23時40分を回る頃には、見ごたえのある、動くオーロラに変わっていった。

角度は約50度ほどまで上がり、最近の低いオーロラに比べ、高い位置でブレイクした。

昨晩(3/5)のオーロラ  またまたブレイクしましたよ〜!_b0135948_04112300.jpg
113.png


# by AandPTOURS | 2020-03-07 04:12 | オーロラ & 星
こんにちは。AlaskaガイドのTacoです。
今日は、アメリカの国鳥にもなっているハクトウワシが子育てをしているシーンです。
動画でまとめてみましたので、ご覧ください。

(ちなみに、ハクトウワシが子育てを始めるのは、アラスカでは5月末頃からです。ワシントン州など南の州では3月ごろに卵を産む個体もいますね。)



この動画では、母親だけしか写っていませんが、父親も仲良く子育てをしていました。

ハクトウワシも、オシドリ夫婦に代表される、一生ツガイで暮らす鳥の仲間なのですが、実際どうなんでしょうね。
科学者からは、「一生ずっと一緒だとは考えられない」という、とても冷めた回答を耳にしますが・・・。

また機会を見て動画作ってみますね!

タグ:
# by AandPTOURS | 2020-03-05 16:53 | 動物

アラスカから現地情報をお届けします。


by AandPTOURS