人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アラスカ便り

aandptours.exblog.jp
ブログトップ

コオリミミズ

こんにちは。AlaskaガイドのTacoです。

今日は、以前ブログ記事でもアップした、コオリミミズを、氷河上で僕がやっと発見できたので、そのレポートです!

やったー!見つけた。氷河までの道のり、きつかったな、、、。

コオリミミズ_b0135948_10003513.jpg

全長:約2cm

1円玉2枚分くらいの長さ

さて、さっそくこの写真に写っている、紐のようなもの!がコオリミミズです。

これを見つけにゆく過程もご紹介しましょう。どんなところに住んでいるのかがわかるはず。

コオリミミズ_b0135948_10050891.png

アラスカ州アンカレッジ市より車でちょうど1時間、ポーテージという地域に、バイロン氷河(Byron glacier)という名のついた氷河があります。

車を停めてトレイルがスタートするのですが、ほとんど散歩道のようなもので、たったの2kmしかありません。そこが整備されたトレイルなのですが、ミミズ探しはそのトレイルを終えて、一山越えてからがはじまり。

氷河に立ち向かってゆきます!

(上の写真は、トレイルを歩き切り、氷河が削り出したガレ場を歩いているところ。)

コオリミミズ_b0135948_10060455.png

600mをなんとか登り切ると、このような「生き物を拒絶するような世界」がひろがっています。アラスカらしい!この生命体を受け入れないような風景こそ、THE ALASKA のウィルダネスなんですよね。

コオリミミズ_b0135948_10061913.png

到着して休憩をしたら、スパイクのついたクランポンを靴に装着してミミズ探し!

そして、ミネソタ大学の研究者のレポートを読んでいた僕は、ここであっさりとコオリミミズを発見することになりました。

「下調べ」というのは超重要です!

コオリミミズ_b0135948_10063306.png

フィールド研究者のように、ピンセットでコオリミミズを掴んで撮影してみました。

ヌメッとした感じ、シンプルに気色悪い…。

なんか、地球外生命体に触れているような気持ちになりました。

このコオリミミズ、太陽光線のUV(紫外線)に弱く、晴れている日は氷の中に閉じこもって出てこないそうです。

また、不思議なことに、氷点下でしか生きることができず、人が温かい手で持つと、細胞は破壊されて死んでしまうとのこと。このような生物を好冷性生物(こうれいせいせいぶつ)というそうです。

コオリミミズ君には申し訳なかったが、一匹手のひらに乗せて実験をしました。さすがにその映像は、可愛そうでアップできませんでしたが、コオリミミズは、たしかに僕の手のひらの上で、2分後に死んでしまいました。彼らからしてみれば、僕の手のひらはフライパンと同様なのでしょう。

コオリミミズ_b0135948_10063791.jpg

この生物、いまでもNASAが真剣に研究をしている対象なんです。

僕がこの生物を見に行きたかったのは、皆さんに、地球にこそ地球外生命体のヒントは存在しているのだ、ということを考えてもらいたかったから。

この星の多様性(さまざまな生き方)を、そして独自の生き方を貫く生きものがいることを、知ってもらいたいからなのです。

もしかすると、木星の衛星であるエウロパの氷の下には、このコオリミミズのような生物が、遠く離れた惑星であっても存在しているのかもしれません。


# by AandPTOURS | 2020-12-28 10:12 | 自然

毎年12月になると弊社アンカレッジ事務所向かいの

キャプテンクックホテルの一階ロビーにお菓子でできたクリスマスビレッジが展示され、毎年見に行くのをとーっても楽しみにしています!

お菓子のクリスマスビレッジ_b0135948_06340664.jpg

アンカレッジで一番歴史のあるキャプテンクックホテル。

キャプテンクックの肖像画や3回の航海の地図も飾ってあります。

お菓子のクリスマスビレッジ_b0135948_06340905.jpg

上の地図の薄赤の点線は一回目、青が二回目、緑が三回目、

赤い点線はクック船長亡き後、クルーたちだけの航海です。


お菓子のクリスマスビレッジ_b0135948_06341677.jpg

3回目の航海でアラスカを出発後、1997年にハワイ島で亡くなった後、クルーたちだけで帰途に就いたのです。


お菓子のクリスマスビレッジ_b0135948_06342251.jpg
お菓子のクリスマスビレッジ_b0135948_06342001.jpg

クリスマスデコレーションされた重厚感のある館内ロビーを抜けクリスマスビレッジへ!


お菓子のクリスマスビレッジ_b0135948_06342937.jpg
お菓子のクリスマスビレッジ_b0135948_06343520.jpg

このお菓子の町は、2,300パウンドのお砂糖!!!


1,100パウンドのアイシング、250パウンドのチョコレート、80枚のクッキングパンを使い焼き上げたジンジャーブレッドを使ってできていいます。


お菓子のクリスマスビレッジ_b0135948_06343806.jpg

可愛い!と写真を撮りまくっていたら、突然ジョーさんが「今年のクリスマスビレッジはどう?」と声をかけてくださいました。


お菓子のクリスマスビレッジ_b0135948_06344209.jpg

ジョーさんはキャプテンクックホテルのペイストリーシェフで、もう40年近くも、毎年このクリスマスビレッジを作っています。

8月から準備を始めるんですって!

一回お手伝いしてみた~い!!!


アラスカ、フェアバンクスの北ノースポールという小さな町にある、サンタクロースハウスでも、サンタさんがきっと大忙しなことでしょう。

ちなみにフェアバンクスのサンタクロースハウスにいるサンタさんから、

「サンタからの手紙」を送ることもできちゃいます。


皆様よりクリスマスを!


A&P ツアーズ 一同



# by AandPTOURS | 2020-12-25 06:41 | イベント


こんにちは。AlaskaガイドのTacoです。

今日は、アラスカにお住まいの、サンタ・ノース・ポールさんの職場を覗き見させていただきました。


Mr. ノース・ポールの職場_b0135948_06042024.jpg


かれは、世界中を駆けまわる、とても重要な仕事をしているため、常に世界時間を把握している必要があるそうです。

Mr. ノース・ポールの職場_b0135948_06043189.jpg

ピーク時には発注があいつぎ、手に負えないため、世界中にいる同僚にも仕事をアウトソーシングしています。

世界を回る彼のオーダーに、西洋人の名前しか無いのが気になりますが、、、ま、それは良しとしておきましょう。

Mr. ノース・ポールの職場_b0135948_06044093.jpg

             休憩するお気に入りのロッキングチェア

Mr. ノース・ポールの職場_b0135948_06044950.jpg


作業台には、いちから物を作るための工具がいつも置かれています。

Mr. ノース・ポールの職場_b0135948_06045938.jpg



職場入り口には、自分の人形があるほど、大変人気のサンタさんです。

Mr. ノース・ポールの職場_b0135948_06050773.jpg


お子さんにも見せてあげてください。

サンタはいつも一生懸命なのですが、その苦労は人前にはゼッタイに出しません。

本当にお疲れさまです。


# by AandPTOURS | 2020-12-25 06:08 | イベント
今日は冬至!フェアバンクスの日の出は10:58am、日の入りは2:40pm。日照時間は3時間42分でした!今日を境にどんどん日照時間が伸びていき、夏至(6/21)には日照時間が21時間49分にもなります!106.pngアラスカの人達はこの日が楽しみ!もちろん、まだまだ寒さは続きますが、暗い時間が少なくなっていくだけでも、春に向かっているような気分になれます179.pngラジオを聞いていても、”Happy Winter Solstice!(冬至おめでとう)”と連呼していました。長く暗い冬のアラスカならではの喜びですね110.png
冬至(日照時間3時間42分)_b0135948_10043862.png
今日のサンセットです!113.png
冬至(日照時間3時間42分)_b0135948_10044491.jpg
AK

# by AandPTOURS | 2020-12-22 10:26 | 自然

ホッキョクジリス

こんにちは。AlaskaガイドのTacoです。

今日はかわいいジリスの色んな表情を集めてみました。

たぶん僕は、このジリスを、無駄に2000枚ほどの写真を撮っています。

その中から、とくに可愛らしい姿のジリスたち、いってみましょう〜

まずは、

ホッキョクジリス_b0135948_09392051.jpg

口いっぱいに植物の種をつめこむ、「頬張るジリス」!

つぎは、

ホッキョクジリス_b0135948_09394251.jpg





手先が器用なジリス!

どんどんいきましょう。

ホッキョクジリス_b0135948_09395770.jpg

コッペパンみたいなジリス!

やや主観がまじり始めました、、、。あしからず。

これはどうでしょう。

ホッキョクジリス_b0135948_09401168.jpg

志の高いジリス!

ま、どうかよくわかりませんが。

そして、一番人気の、

ホッキョクジリス_b0135948_09405559.jpg

はにかむジリス!

これは、かわいい!

じつは、はにかんでいるわけではなく、ま、わかりますよね、、、。

Tacoの独断と偏見によるネーミングですから、お気になさらず、ようは、可愛ければ、今日はそれで良しとしましょう。

続いて、

ホッキョクジリス_b0135948_09405559.jpg


ホッキョクジリス_b0135948_09411558.jpg

そっぽむくジリス!

何時間も撮影していると、こちらに飽きられて、注意を向けてくれなくなります。

ホッキョクジリス_b0135948_09412426.jpg

しかし、たまには近寄ってきてくれる、いいヤツも!

ホッキョクジリス_b0135948_09413693.jpg

最後は冬の準備が万端なジリス!

このホッキョクジリスという動物は、極北の厳しい気候にピッチリ対応した動物で、さむいアラスカの8ヶ月半は、寝てます。仮死状態になり、土の中で8ヶ月半眠るのです。

気が遠くなりますね。

彼らの寿命って、3,4年らしいですが、実際動き回っているのはトータルで12ヶ月ほど、ということですよね、、、

いったいどんな時間感覚なのだろう。

今日は、ジリスパレードでした。楽しんでいただけましたでしょうか。

では、またの可愛いシリーズをお楽しみに!


# by AandPTOURS | 2020-12-11 00:01 | 動物

アラスカから現地情報をお届けします。


by AandPTOURS